知己 一の旅

羽田発帯広行 さあー緊張の対面です

夏休みも終盤。最後の山となる子供のサマーキャンプがいよいよ始まります。遊方屋始まっての子供だけの受け入れ。日にちが近付くにつれ緊張してました。実はこのプログラムは、うちが企画したというより、保護者からの言わば 依頼 により始まりました。子供の成長を願うのはどの親も同じ 大事な子供を遠く送り出す気持ちを思うと気が引き締まります。その信用に応えるプレッシャーは初めての経験します。とは言え子供たちには、期間中のびのび過ごしてほしい。日頃の気疲れを癒し好奇心の赴くままに遊んでほしいと思います。さーいよいよやって来ます。一瞬も緊張の糸を切らさず、彼らと一緒に遊びたいと思います。